読書風景

古本は眠らせておくのはもったいない

読書

本が好きでたまらない人は愛情ゆえに沢山の本を所有していて、部屋を埋め尽くすほどの本に囲まれて生活している人も少なくないですよね。
文庫本などはまだしも、ハードカバーの小説や写真集、図鑑、参考書、雑誌などは重たい上にスペースを取ってしまう「やっかい者」です。
捨てられない気持ちも理解できますが、読んでいない古本や必要がない本は素直に買取してもらうのが賢い手です。
田舎や地方都市なら査定してくれるお店の候補も少ないですが、名古屋は幸い大都市ですので、店頭の持ち込みだけでなく出張買取も行ってくれる古本屋さんも多いです。
お店によっては、専門書や年代物の写真集、雑誌、漫画まで殆どに値段がついて買い取ってくれる親切な古本屋も名古屋にはあります。
シンプルに「名古屋 出張買取 ○○(ジャンル)」などで検索すると買い取ってくれそうなお店の候補が出てきます。
特に所有する書物が非常に多い場合、重くてかさばる莫大な本をお店に持ちこむのは負担が大きいので、出張買取してもらうのがベターでしょう。
自宅まで店員さんが来てくれる場合や、段ボールでまとめてお店に送って査定してもらうという手もあります。
査定してもらう本の数が多いほど値段は高くつく場合も多いので、必要ないと判断した古本は躊躇なくまとめて出しましょう。
古本は眠らせておくのではなく、買い取ってもらう方が資金もできて部屋もキレイになるので一石二鳥ですよ。

お知らせ

本

要らない古本や雑誌がお金に変身します

本が大好きな方は沢山の本や雑誌を買っていませんか。そしてそのせいで部屋の中が古本だらけになってしまい困っていませんか。名古屋でも古本を…

more
読書

古本は眠らせておくのはもったいない

本が好きでたまらない人は愛情ゆえに沢山の本を所有していて、部屋を埋め尽くすほどの本に囲まれて生活している人も少なくないですよね。…

more
Vサイン

長年かけて溜まった古本は捨てずに買取してもらおう

本やCDなどは、もう使わなくても放置してあることが多いのではないでしょうか。また読むかも、また聴きくかもと思って保管しておくのですが、…

more
本棚

古本の持込買取の一般的な手順について

古本の処分を考えているなら、お金に変えられる可能性がありますから、買取を検討してみましょう。その買取で一番身近な方法は、持込買取です。…

more